キャビテーションエステで痩せるために絶対に知っておきたいこと


ラジオ波という超音波をあてて脂肪を破壊するキャビテーションはここ数年で、多くの痩身エステが施術に取り入れています。

それまでは、痛みの強いもみほぐしが一般的だった痩身エステですが、キャビテーションの導入でこの痛みが大幅に軽減されました。しかも効果は、もみほぐしの2倍以上とも言われています。

キャビテーションは通常、リンパマッサージなどと合わせておこないます。脂肪をくだいても、そのままだと体内に残り、またセルライトに戻ってしまうからです。

キャビテーションは何回で効果が出るのか


キャビテーションで粉砕された脂肪は4日間かけて体の外に排出されます。

ですので、1回だけ受けて細さを実感できなくても、1週間程度、様子を見ましょう。

もちろん、脂肪の量が多すぎたり、リンパの流れが特別悪い人だと、1回の施術ではまだまだ太いままかもしれません。ただそこまでではない人や部位によって1回でも十分効果を感じることができるはずです。

1回の施術で満足いく成果が出なかった人は週1回の施術を1ヶ月ほど受けてみて下さい。おそらく脚やお腹などは見違えるほどになるはずです。

もちろん毎週エステに通うというのは時間的にも費用的にも厳しいでしょうが、長期的にダラダラと通うよりも、結局は安く上がる可能性が高いです。

ただし、先程いったとおり、脂肪が排出されるのには時間がかかるので毎日通ったり週に何度も通うのは効率が悪くおすすめしません。

施術時間とおすすめのエステ

キャビテーションは脂肪分解の速度はもみほぐしよりも断然速いです。ただ、その後のリンパマッサージは必要なので、施術全体のトータル時間は他の施術とくらべて極端に短いわけではありません。

たとえば脚だとキャビテーション自体は10分程度ですがその後のリンパマッサージは体全体をやるのでなんだかんだ1時間弱くらいは、かかります。

キャビテーションエステをやる場合、極端に安い無名店舗に行かなければ効果に差はほぼありません。

どこも似たような機器を使っていますし、キャビテーション自体は当てるだけなのでエステティシャンの技量も重要ではありません。一通りの使い方をわかっていれば誰がやってもキャビテーション自体に効果の差は出ません。

ただし、その後のリンパドレナージュは丁寧にやってくれるところが良いです。こればっかりは、エステティシャンによって対応が変わるので、自分に合うエステティシャンが見つかるまで体験エステを渡り歩くしなないかなというのが正直な意見ですね。

キャビテーションにまつわる嘘


キャビテーション後は代謝が高まっているので食事を避けた方が良いというアドバイスをしている人がいますが、これは大嘘です。

痩せようと思った場合、筋肉をつけて脂肪を落とすのが王道ですが、代謝が高まっているときこそ、筋肉の材料となるタンパク質と炭水化物を積極的にとりましょう。代謝が落ちている時は脂肪がつきやすいですが、代謝が高いときは脂肪がつきにくいのです。

せっかく代謝が高まっているときに、食事制限をすると体は省エネモードになり、代謝が下がってしまいます。もちろん限度はありますが、いつもどおりの食事量は取るべきで脂質の割合を少し減らせばどんどん良い体になっていきますよ。