ダイエットのためには運動や食事制限をおこなうのが王道ですが、たとえば「結婚式がある」など「肩や足を出す機会があるから痩せたい」という痩せるために緊急性があるような場合は痩身エステに行ってみるのもアリです。

筋トレやランニングが少しずつ全身が痩せていくのに対し、痩身エステは、特に部分やせに強いです。

部分やせに強いのは特に二の腕や脚などの体の末端部分。逆にお腹だけ痩せるというのは中々難しいです。なぜかというとお腹の脂肪は最後の最後に落ちる部分だからです。

よくお腹に巻いてダイエットできるという触れ込みの器具が売られていますが、あれだけでウェストを細くするのは絶対に無理です。

例外は水分や老廃物が溜まってむくんでいる場合。むくみならリンパハンドマッサージでかなり軽減できますから、ウェストが1回の施術でマイナス数センチというのも不可能ではありません。もしお腹や二の腕の部分やせを考えているならエステに行くのもありでしょう。

二の腕がたるんでしまう原因も老廃物が溜まっていること。だから腕を上にあげて手の先から脇に向かって流すという簡単なマッサージを毎日続けているだけでも、多少は変わってきます。リンパマッサージは結構強めでやらなくては意味がありません。

ただ自分で自分の腕をマッサージしようと思ったら片手でやる必要があります。これで強めのリンパマッサージするというのは無理があります。ですから腕は痩身エステに行ってやることをおすすめします。

逆に太ももなんかは自分でもやりやすい部位。自分に厳しく強めに施術できるなら、体験でやってもらってやり方を覚えたらあとは自分で継続的にやるというのもありです。

5センチ以上の部分痩せを目指すなら脂肪を溶かせ

表面上の老廃物は流れても、それだけではマイナス5センチが限界です。そこからさらに部分やせをしようと思ったら脂肪を落とさなくてはいけません。

特に問題なのが凝り固まった脂肪、いわゆるセルライトです。これは自分で潰すのはかなり大変な作業というかほぼ無理です。

エステでの部分やせのやり方

プロのエステティシャンがセルライトをほぐしてから次は機械を使って脂肪を溶かしたり血流を良くしてもらったり老廃物を上手に排出することで部分痩せが実現します。

部分やせエステが上手くいくとその日履いて来たジーンズの太腿に余裕が出来てびっくりという人もいるはず。自分がコンプレックスに思っている部分が細くなった実感を持てた事で、ダイエットのゴールが見えてきます。

一度細くなればそれを維持することが楽しみになりますし、エステサロンの方も親身にかつ客観的に相談に乗ってくれるので勇気を出して行ってみた良かったと感じるはずです。

「部分痩せ」はダイエットの根本的な解決にはならないと言われがちですが、「自分がどのように痩せたいか」を知るためにも思い切ってなんでも試してみることは大切です。