ウエストを細くする方法をエステティシャンが教えます

良いスタイルになろうと思ったら、ウェストを細くすることと、お尻を上げることが大切です。

今日は、2つのうち、ウエストを細くする方法について書きます。

ウエストが細くなるのは一番最後

雑誌や他のサイトで簡単な体操だけで「ウエストがマイナス○センチ!」みたいな記事を見かけます。

でも、お腹の肉を落とすのは、難しいはずなんです。

人間の脂肪の中で、一番最後に落ちるのお腹のお肉です。

だから、ウエストが実際に細くなっても実は水分が抜けただけとか老廃物が別の場所に移動しただけということがよくあります。

まずは体操なんかでは、ウエストは細くならないと理解して正しいダイエットをやりましょう。

食事の量は減らさず、内容をかえる

ダイエットというと食事制限に飛びつく人が多いですが、それは辞めましょう。

食事の量を減らすと、空腹感が強くなってイライラしてきますし、耐えきれなくなって量を元に戻せば体重も元通りです。それでは単にストレスを貯めただけになっちゃいますよね。

そうではなく、食事の内容を変えましょう。

食事の内容をかえるといっても、よくある置き換えダイエットではありません。

朝食をトマトジュースにするとか、バナナにするといったことで痩せるなら誰っも苦労はしませんよね。

脂質や糖質が多い食べ物の比重を減らしてタンパク質を豊富に含む食べ物に変えましょう。

タンパク質は筋肉や髪、つまなど体を作る原材料です。逆に脂質は脂肪の元。糖質もエネルギーとして使いきれなかった分は脂質になります。

たとえば、今までご飯1膳と目玉焼きを1つ食べていたのなら、お米の量を減らして、卵を2倍にしましょう。

運動とエステ

また食事だけでなく、消費するカロリーも増やさなくてはいけません。

それにはやはり運動です。

きちんとした運動習慣がある人はそれを継続しながら食事改善をすれば、少しずつウエストは細くなっていくはずです。

運動習慣がない人はお金はかかりますが、痩身エステに行くのも1つの手です。

エステは、発汗やリンパマッサージによってウエストを細くできます。

これは前述のとおり一時的なものですが、筋肉運動ももちろんさせています。全く何もしないよりは、はるかにマシなので検討しても良いでしょう。
>>痩身エステの人気ランキングはこちら

運動が大切な理由

いくらタンパク質という筋肉の材料をとっても、筋肉を動かさないと筋肉はつきません。

筋肉がないと、基礎代謝が下がるため、いつまでたって、痩せにくく太りやすい体のままです。

急がばまわれの精神で即効性よりも、長期的な目線で体づくりをしてきましょう。